コラム・資料ダウンロード

  • ノウハウ

2021/03/11

自社サイトへの流入を知る!

サイト分析に欠かせない流入キーワードの調査方法とは?

自社のWebサイトを運営するにあたり、集客面での課題を抱えてしまうケースは決して少なくないでしょう。ユーザーにとって有益な情報を掲載しても、その情報自体がユーザーの目に触れない状態では意味がありません。だからこそ、Webサイトの運営では「集客力を高めること」が極めて重要なのです。

 

そこで今回は、集客力を高める上で重要となる「流入キーワード調査」の方法や、流入キーワード調査を行うことができるツールなどを詳しくご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

Webサイトの競合分析を行うことの重要性

Webサイトの集客力を高めていくには、まず初めに競合の分析を行います。この分析によって、「どのようなキーワードで集客しているのか」「どのようなページが上位表示されているのか」といった情報を得ることができ、それらの情報を元に具体的なベンチマーク(目標)を設定することもできます。

 

そしてベンチマークに沿って、新たなページを増やしたり、既存のページを編集したりすれば、効率的にWebサイトを成長させることができるでしょう。しかし、競合分析を行わず、闇雲に新たなページを増やしても、ターゲットユーザーの疑問・悩みを解消できない情報ばかりがWebサイトに蓄積されてしまう恐れがあります。

 

そのような失敗を避けるためにも、Webサイトを運営する際は、競合分析によって運営の方向性を明確にしていくことが重要なのです。

 

競合サイトの調査には「流入キーワード」の分析が効果的

では、具体的にどのような方法で競合サイトの調査を行えば良いのでしょうか。その方法は数多く存在しますが、特に効果的と言えるのが「流入キーワード」を分析する方法です。この流入キーワードとは、Webサイトに訪問したユーザーが「検索エンジンでの検索時に入力したキーワード」を指します。

 

たとえば、SEO対策の方法を調べているユーザーが、「SEO対策 方法」というキーワードで検索したとします。そのユーザーが、検索から見つけたWebサイトに訪問した場合、その流入キーワードが、先ほどのユーザーが検索時に入力した「SEO対策 方法」となるわけです。

 

このようなユーザーの行動は、キーワードを問わず共通となりますので、まずは自社のWebサイトのキーワードを決め、そのキーワードで検索してみましょう。その検索結果から既に上位表示しているWebサイトをピックアップして調査すれば、新たな課題を発見したり、打開策を明確にしたりすることができます。

 

なお、現在のアクセス数に貢献しているキーワードを分析して、そのキーワードでの集客力をさらに高めていくという方法も存在しますが、必ずしもそのキーワードが売上にまで貢献しているとは限りません。そのため、自社のWebサイト内で既に上位表示ができているページが存在していたとしても、売上に影響しないキーワードなのであれば優先度を下げたほうが良いでしょう。

 

「アクセス数」と「滞在時間」にも注目

流入キーワードと同時に「アクセス数」と「滞在時間」も視野に入れると、より明確なベンチマークを設定することができます。

 

  • アクセス数

競合サイトのアクセス数やユーザー数を外部から正確に分析することはできませんが、キーワードの検索ボリュームであればGoogle広告のキーワードプランナー(※)などによって把握することができます。その検索ボリュームの全てのユーザーが競合サイトに訪問するわけではありませんが、上位表示されているWebサイトは多くのアクセス数を獲得しているはずです。仮にキーワードの検索ボリュームが1万回(月間)だとしますと、検索結果において1位に表示された競合は、1万回近くアクセスされていることが考えられます。そのような競合サイトをキーワードごとにピックアップして調査することをおすすめします。

※:Google広告が管理画面において提供しているツールとなり、利用するにはGoogle広告のアカウント作成が必要です。

 

  • 滞在時間

近年のGoogleは、ユーザーの滞在時間が長いサイトを高く評価する傾向にあると言われています。ユーザーが長く滞在しているサイトほど、そのサイトに価値のある情報が多く掲載されていると考えられるからです。そのため、自社のWebサイトのアクセス数が伸びてきた際は、ユーザーの滞在時間をより長くすることにも専念することをおすすめします。

 

競合サイトの流入キーワード調査に効果的なツール

「集客の入り口」となる流入キーワード。しかし、その調査を全て手作業で行うとした場合、膨大な時間を要してしまうことになります。ここからは、競合サイトの流入キーワード調査を効率化することができるツールをいくつかご紹介していきます。

 

Gyro-n SEO

Gyro-n SEOは、検索順位の確認や、問題点の洗い出し、分析、施策、検証といった一連のSEO対策をワンストップで行うことができるツールです。SEO対策に関するさまざまな機能が備わっているのですが、特に注目すべき機能としては「競合比較分析」が挙げられるでしょう。

この競合比較分析機能では、自社サイトと競合サイトのSEO順位を一覧で表示させることができます。そのため、自社サイトと競合サイトのSEO順位にどれくらいの差があるのか、簡単に確認できるのです。

また、競合サイトの順位変動も追うことができるため、競合サイトのSEO対策にどのような変化が生まれているかを簡単に確認することができます。

 

eMark+

eMark+(イーマークプラス)は、国内の主要サイトやアプリのユーザー数、PC数、流入元、流入キーワード、訪問者の属性などを調査することができるツールです。

モニター登録の同意を得た国内約30万人のクレディセゾンネット会員による消費者パネルを活用することで、国内主要サイトの情報をリサーチすることが可能になっているといいます。このような背景もあり、最近では花王やトリンプといった大手企業にも導入され始めているのが特徴です。

なお、自社サイトや競合サイトの流入キーワード分析は、eMark+の「Keyword Finder」というサービスで利用可能です。検索キーワードを指定することで、関連するキーワードのユーザー数やセッション数を確認することができます。

 

TACT SEO

TACT SEOは、「効率的なキーワード分析」をキャッチコピーとしたSEO調査ツールです。キーワードを軸に、競合調査や順位管理、課題発見などを行うことができます。

特徴的な機能としては、URLを入力するだけで競合サイトの流入キーワードを調査できる機能、対象のキーワードでGoogle検索上位のサイトを分析し、そのページ内で多く使われているキーワードをグルーピングできる機能などが挙げられるでしょう。

 

Keywordmap

Keywordmapは、SEO対策において特に重要と言える「キーワード選定」をサポートしてくれるSEOツールです。自社サイトのキーワードの競合性や関連性、検索ボリュームといった情報をマインドマップ形式で分かりやすく表示してくれるため、視覚的に課題を発見し、改善策へとつなげていくことができます。

ちなみにKeywordmapでは、無料版も用意されています。無料版では、自社サイトへの流入が多いキーワードや機会損失につながっているキーワード、ライバルサイトの上位表示キーワードなどを調査できる「自然検索調査」、ユーザーの興味・関心といった検索意図をマインドマップとして表示させてくれる「ユーザーニーズ調査」の2つが利用可能です。これらの機能が気になる方は、ぜひ一度無料版を利用してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

流入キーワードを分析することによって、自社のWebサイトのアクセス数に貢献しているキーワードや、競合サイトのアクセス数に貢献しているキーワードを明確化させることができます。また、自社サイトが重視すべきキーワードで上位表示されている競合サイトをベンチマークとすれば、自社サイトが改善すべき方向性も明確にさせることができます。

 

当社が提供している月額4万円からの定額制コンテンツ制作支援サービス「Contents Stock(コンテンツストック)」では、高度な分析をポイント消費制でご依頼でき、その結果を元にWeb制作までもご依頼いただくことが可能です。分析ツールを利用するときのように、ツールのノウハウを習得する必要はございません。「効率的な流入キーワード調査によってWebサイトの集客力を最大化させたい」とお考えの際は、ぜひお気軽にご相談ください。

今ですと、気になるサイトを簡単に無料診断でき改善策もあればアドバイスもさせていただきます。

お問い合わせはこちらから