コラム・資料ダウンロード

  • コンテンツ制作

2021/03/17

差別化を図り、効果を上げるために

ランディングページ制作を成功に導くマーケティング手法とは?

ランディングページを制作して、Web広告によって集客する手段は、BtoB、BtoC問わず様々な業界で採用されています。しかし、業界によっては競合が多く、中途半端なランディングページでは差別化を図れずに埋もれてしまう可能性もあります。

 

では、ランディングページを成功に導くためには、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。今回は、ランディングページを制作して効果的に運用するために知っておきたいポイントをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

成果に大きな影響を及ぼす「LPO」とは

冒頭でもお伝えした通り、近年はランディングページの競争が激化していますので、ランディングページを制作するだけでは望んだ成果を得ることが難しいでしょう。そのため、ランディングページを適宜、ブラッシュアップしながら運用していく「LPO」という考え方が重要視され始めています。

 

このLPOとは、Landing Page Optimizationを略した言葉であり、「定期的にランディングページの分析を行い、最適な改善によって成果を高めていくこと」を表わしています。一般的にランディングページはWeb広告と併せて運用していきますので、広告費の費用対効果に目を向ける必要があります。つまり、「広告費以上の売上を確保すること」が、おのずとLPOの主な目的となります。

 

しかし、いきなり成果をあげるランディングページは少なく、実際に運用してみると費用対効果に見合っていないというケースは非常に多いでしょう。だからこそ、その結果を踏まえて適宜、ランディングページを改善していくことが重要になります。

 

では、効果的にランディングページを運用していくためには、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。ここからは、具体的な注意点について見ていきましょう。

 

効果的なランディングページを制作するために注意すべきポイント

効果的なランディングページを制作するために注意すべきポイントとしては、主に以下の4つが挙げられます。

 

ターゲットの明確化

集客したい「ターゲット」を事前に明確化することによって、ランディングページの方向性を定めやすくなります。逆に、ターゲットが曖昧な状態でランディングページを制作してしまうと、ターゲットに響かない、説得力に欠けるメッセージが大半となってしまう可能性が高いでしょう。そのため、年齢・性別・ニーズ・職業・ライフスタイルといったペルソナ(ターゲットの具体像)を明確化させておくことが重要です。これらが明確であればあるほど、ランディングページの構成(デザイン、メッセージ、色など)を決める際にも方向性を定めやすくなるでしょう。

 

内容のわかりやすさ(伝えたいことが明確になっているか)

反響を呼ぶランディングページの条件として、「内容の分かりやすさ」が挙げられます。ターゲットが、見て瞬時に内容が理解できなければ、すぐに離脱されてしまう可能性があります。そのため、「どのような商品(サービス)を紹介しているページなのか分からない」「写真が多過ぎて何を表しているのか分からない」といった印象を与えてしまうようなランディングページを制作してしまうことは避けなくてはなりません。

特に、ランディングページを開いた瞬間に表示される「メインビジュアル」は、第一印象を決定付けます。そのため、メインビジュアルは優先的に画像やデザイン、サイズなどを熟考する必要があるでしょう。どのような商品(サービス)なのか分かりやすい画像であることはもちろん、「その商品で得られるメリット」のイメージを膨らませられる画像であれば、より理想的といえます。また、人物画像を使用する場合はその人物の印象が自社の商品(サービス)に相応しいかを判断することも重要です。

 

目的(成約)の達成へと導く構成になっているか

画像や文字サイズといったデザイン面が優れていても、「CV(コンバージョン)」というゴールへ誘導する構成になっていなければ意味がありません。ランディングページの目的は、「CVに繋げること」ですので、そのゴールを達成するための構成を意識することが重要です。

たとえば、「問い合わせ」をランディングページのゴールとしている場合、ユーザーを「問い合わせ」へと誘導していく構成が適切といえます。しかし、問い合わせ以外の行動を促すバナーや文章などを挿入してしまうと、ターゲットが離脱する原因にもなりかねません。せっかくなのでターゲットに訴求したい情報を詰め込みたくなりますが、それが複数の選択肢を与えてしまうことになり、ターゲットの「迷い」を生み出します。もちろん、商品(サービス)やターゲットのタイプなどによっては、情報量が多い方が最適である場合も考えられますが、多くの場合は導線をシンプルにした方がCV率は高まるでしょう。

 

説得力のあるデータなどが添えられているか

商品(サービス)のアピールをするためには、画像(デザイン)とともに文章による説得力も重要です。その説得力を高めるためのノウハウとして有効なのが、数字データを提示するというものです。もちろん、数字なら何でも良いというわけではありませんが、商品(サービス)の信頼獲得につながる「利用者数○○人」「○○ランキング1位獲得」といったデータが存在する場合には、積極的に活用していくことをおすすめします。

 

ランディングページ制作に使えるツール

ランディングページを制作する際には、さまざまな分析を行い、その分析結果を反映させていく必要があります。そのため、分析ツールは必要不可欠なアイテムといえるでしょう。ここからは、ランディングページ制作に使えるツールをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

Googleアナリティクス(無償)

Googleが無償で提供しているGoogleアナリティクスでは、ユーザーの性別や年齢といった属性データに加え、流入経路なども抽出することができます。そのため、「広告運用を行うべき時間帯」を明確にしたり、「ターゲットに刺さりやすい文言」を検討したりしやすくなるでしょう。

また、ページ内に設置されているボタンのうち、最もCVにつながっているボタンはどれなのかを調べることもできます。そのため、ランディングページの改善にも大いに役立てることができるでしょう。

 

ヒートマップツール(多くは有償)

一般的にランディングページは縦に長いため、コンバージョンに貢献している部分と、改善すべき部分を見極めるのが難しい傾向にあります。そこで、ランディングページ内でどこが多く見られているのかを色にとって可視化してくれるヒートマップツールを活用することをおすすめします。ユーザーが注視している部分やクリックしている部分、スクロールされた場所などを、サーモグラフィーのような色によって判別することができます。それによって問題のある箇所をすぐに明確化することができますので、具体的な改善策を講じやすいでしょう。このヒートマップツールの多くは有償となり、月額数千円から5万円程度までの値幅となっています。

 

まとめ

ランディングページの競争が激化している中でもしっかりと差別化を図り、成果へと繋げていくためには、ターゲットを明確化した上で、分かりやすい構成のランディングページを制作していくことが重要になります。

 

しかし、今回お伝えしたように制作したランディングページがいきなり成果に繋がるとは限りませんので、制作後も定期的に改善していくことが重要です。そのPDCAサイクルを回すことは決して簡単ではありませんが、ランディングページによる成果を最大化させるためにも、「分析」と「改善」の作業を定期的に行っていくことをおすすめします。

 

当社が提供する、月額4万円からの定額コンテンツ制作支援サービス「Contents Stock(コンテンツストック)」では、ランディングページやバナー広告などの制作をワンストップでサポートしております。専属の担当窓口が着任しており、円滑なコミュニケーションによってPDCAサイクルを高速化させることが可能ですので、ランディングページやバナー広告の制作を検討の際はお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから