コラム・資料ダウンロード

  • コンテンツ制作

2021/11/29

記事作成のポイント

記事作成のコツをつかんで読まれる&成果を上げるサイトを目指そう

黎明期のインターネットでは、会社案内をそのままウェブページに移したような企業サイトが多く見られました。しかし、コンテンツマーケティングという言葉に代表されるように、現代ではコンテンツの内容、特に記事内容の充実度が重視されています。オウンドメディアやECサイトなど、企業のサイトにも種類はたくさんありますが、どのサイトでも記事の掲載は必要です。

 

企業サイトはユーザーに読んでもらえ、サイトの目的に貢献できる記事が必要です。そのためにはどのような点に気を付ければ良いのでしょうか。今回は、記事コンテンツの基本的な知識と記事作成の流れ、さらにユーザーに満足してもらえる記事作成のコツについて解説します。

記事作成の基本知識

サイト構築においては、コンテンツの充実が何よりも重要とされています。企業サイトを有効活用するためには、Googleなどの検索エンジンで上位表示されるよう、SEO(Search Engine Optimization)対策が必須です。近年は以前のSEOで考えられていた条件と比べて、より一層コンテンツ内容が重視されるようになってきました。

 

例えば、単にページ数が多いだけでなく、以下のような内容が条件として挙げられます。

 

・検索キーワードに従った内容

・コピーページは不可

・ユーザーにとって有益

 

そのため、同じテーマを扱っていても、コンテンツの作りこみ具合によって検索結果に差異が生じます。もちろん、記事内容のみで検索エンジンからの評価が決まるわけではありません。しかし、外殻的な構成を整えるだけでは上位を狙えないのが現状です。記事作成を考える際には、紙媒体とは異なる点があることに注意していく必要があります。

 

SEO対策として、一般的な記事作成と異なる点は以下のような内容です。

 

・キーワードや関連キーワードを意識して入れる

・パソコンやスマートフォン、タブレットなどさまざまな端末上から読まれることを考慮した文章区切りにする

 

インターネットでの記事作成では、サイトの目的によって書き方も変わります。企業サイトの主な目的は、ブランディングや企業情報の告知、商品・サービスの訴求、ソリューション提供のための潜在する課題の掘り起こしなどです。企業サイトに掲載される記事のタイプとしては、主に以下のようなものがあります。

 

記事タイプ 内容
コラム記事 ・一つの事実に基づく論理的な分析・見解

・潜在する課題に気づきを与えたり、問題提起をしたりする際に有効

ノウハウ記事 ・日常生活などでの疑問解決や方法の紹介

・トレンドと一致すれば広く流入が見込める

事例紹介記事 ・自社製品や関連する商材、サービスを活用して課題解決された事例を紹介

・利用を促す訴求効果が期待できる

まとめ記事 ・一つのテーマについてさまざまな情報を集めて編集した記事

・企業の場合には。自社内でまとめた記事を指す

・情報収集をしているユーザーを呼び込むことができる

専門性の高い記事 ・ある分野の専門家に執筆依頼をして記事作成を行う

・サイトの信頼性を高める効果が期待される

 

記事作成の流れ

 

ユーザーに読まれ、事業成果に貢献する記事にしていくための記事作成の流れを紹介します。

 

1.コンテンツのテーマを決める

コンテンツの方向性を定めるには、3C(Customer顧客・Competitor競合・Company自社)分析の考え方を活用すると、自社事業とのブレがない内容を見出すことができます。

 

・Customer(顧客)

ペルソナの作成を行い、サイトのユーザー像を明確にしましょう。ペルソナを作ることで、興味のある情報のイメージがしやすくなり、読まれる記事作成に役立ちます。

 

・Competitor(競合)

競合するサイトの研究を行います。敵情視察をすることで、取り上げるべき必須テーマや差別化を図るためのヒントが得られるでしょう。

 

・Company(自社)

自社の分析は、コンテンツ作成の重要なポイントです。内部の人間が強みや弱みをしっかりと把握できていないと、説得力のある記事作成ができません。

 

2.コンテンツ作成目的の明確化

サイト全体の最終的なゴールに合わせて、記事コンテンツで何を伝えるのかを明確にすることが大切です。例えば、ゴールをソリューションサービスの成約とする場合、社会の問題提起や企業の抱える課題、今後の見通しなどの記事を提供しながら解決手法として自社サービスへの興味を促す方法があります。

 

サイトの目的によって、記事コンテンツ作成の目的も変わってくるため、各記事で最終的に伝えたいことを意識すれば、構成を作成する際にも芯がぶれません。

 

3.キーワードとテーマを決定

コンテンツ全体のテーマに合わせた記事のテーマと、SEO効果の高いキーワードを決定します。自社事業に関連性が高く、最も注目されているキーワードの選定が必要です。また、社会の動きが速いためサイト掲載までの時間差を考慮することも忘れないようにしましょう。

 

4.ペルソナの設定

3C分析で説明したように、記事の読者となるペルソナ設定は非常に大切です。ペルソナを設定することで、検索意図の推測やニーズへの理解を深めることができ、ニーズに合致する記事を作成できるでしょう。

 

5.キーワードの精査

ペルソナの設定後、決定したキーワードがペルソナの行動にマッチしているか確認しましょう。ズレがあるような場合は、ここでキーワードの見直しを行います。

 

6.文章構成の作成

ペルソナと目的に合わせて、文章構成を作ります。記事構成の段階では、以下のような要素でアウトラインを組みましょう。

 

・タイトル

・導入文(リード)

・各見出し

・まとめ

 

アウトラインの段階では、各見出し内で伝える大まかな内容を書き出しておきます。

 

7.本文作成

アウトラインに沿って、本文を作成します。「ですます調」「である調」など、コンテンツ全体の統一を図るようにしましょう。

 

8.校正・校閲

コピーチェックや、誤字・脱字、表記ゆれ、不適切な表現、情報の信頼性などを確認し、公開に備えます。

 

ユーザー満足度を上げる記事作成のコツ

 

ウェブサイトの記事コンテンツでは、SEOを意識したうえで、読みやすく、ユーザーに内容が伝わりやすい文章を心がけることが大切です。キーワードは、タイトルの前半に置き、各見出しにもなるべく入れるようにします。本文にキーワードを入れ過ぎると、くどく感じる場合もあるため、適度に出現させるように気を付けましょう。

 

文章構成の基本は、起承転結です。サイト記事では、結論を先出しするほうが好まれます。記事全体の内容が見出しで分かるようにすることも大切です。一文は、簡潔に記載することを心がけ、語尾・表記を統一して違和感をもたせないにようにします。モバイルの読者を想定する場合は、特に改行とひらがな・漢字のバランスにも注意しましょう。

 

記事内容では、なるべく具体的に伝えられるように、事例を紹介したりメリットとデメリットなどの対比で説明したりする工夫をします。情報のエビデンスを明らかにし、引用元の信頼性を確認しておきましょう。タイトルから結びまで、サイト・記事の目的に合わせて一貫性をもたせることを忘れないようにします。

 

企業側が意図するサイトのゴールへと誘うためには、ユーザーに対して次の行動を提示することを意識しましょう。訴求の強さについては、サイトの性格に合わせてユーザーのアクションにつながるよう、書き方を工夫してください。記事掲載後は、検索結果やユーザーのサイト内での行動履歴を利用して、効果分析を必ず行い、より良い記事コンテンツの作成を実施していきましょう。

 

まとめ

 

自社サイトの記事作成となると伝えたいことが多く、つい内容を詰め込みがちです。しかし、ウェブサイトにおいて自分が読みたい記事を見つけられないユーザーは、すぐに離脱する恐れがあります。記事作成を行う際には、こうしたウェブならではの特徴を十分に踏まえて、ユーザー目線でのコンテンツ作成が大切になってきます。

 

株式会社北斗社では、BtoB企業販促コンテンツ・企画サービスを提供しています。20年以上の制作実績をもとに、各業界に合わせた最良のコンテンツづくりをサポートします。プロの編集者がご要望を整理し、ユーザーに読まれる記事コンテンツの実現をお手伝いします。自社サイトのコンテンツ設計にお悩みの場合は、「ContentsStock」サービスをぜひご活用ください。

 

お問い合わせはこちらから