コラム・資料ダウンロード

  • コンテンツ制作

2021/12/03

記事作成のポイント

記事作成において押さえるべき内容とは?作成時のポイントを解説

数あるマーケティング手法の中でコンテンツマーケティングが主流となっている今、記事作成は重要さを増しています。企業の事業運営に貢献するサイトを構築していくために、どのような記事作成をしていけば良いのでしょうか。

 

今回は、サイトの記事を作成するにあたり、押さえておきたい内容や作成時のポイントについて解説していきます。事業戦略の一つとして、自社サイトで成果を上げていくために、ぜひ参考にしてみてください。

記事作成時の内容の決め方

最初に、記事作成をしていく際、内容をどのように決めていけば良いのか、何が必要なのかについて解説していきます。サイトの記事では、「読者の知りたいに答える(読まれるニーズがある)」といったことが大切です。企業サイトの場合、自社の商品やサービスを売り込むことが最終目的となるでしょう。しかし、パンフレットのような内容ばかり記載しても、訪問者数は増えません。

 

自社の事業に関連させつつも、ユーザーの興味とマッチしていることが大切です。その条件を満たすためにも、自社サイトのターゲットユーザーの設定がとても重要になります。ターゲット像の具体化が鮮明なほど、ユーザーがどのような課題を持ち、何を調べているのかを探すことが期待できるでしょう。

 

ユーザーが興味を持っているキーワード、ターゲット層の話題となっているキーワードを、自社サイトの目的とからめていくことが大切です。丁寧に設定していくことでユーザー満足度が高く自社事業に貢献できるような記事作成が可能となります。

 

まずはターゲットユーザーの求める情報を意識することで、「ユーザーにとって有益なサイト」というSEO的に重要な要素もクリアしていけるでしょう。

 

記事作成の手順と記事内容の種類

一般的なサイト記事作成の流れと記事内容の種類について解説します。

 

1.ユーザー分析・ターゲットの確定

自社の商品・サービスに興味を持ち、サイトを訪問するユーザーは、何を求めてどのようなページを閲覧しているのでしょうか。現在の状況を把握することは、今後のサイト活用に大きく役立ちます。自社の製品・サービスの持つ性格と合わせ、ターゲット像を先鋭化していきましょう。

 

そのうえで、ターゲットに読んでもらえる記事作成をするためのテーマ選定を行います。記事の内容の主体となるキーワードを探す際には、競合サイトやキーワードの検索ボリュームを参考にすると良いでしょう。

 

2.情報収集

次にキーワード周りの情報収集を徹底的に行います。キーワード検索結果で上位にランクしているサイトの構成や内容、複数のサイトに必ず含まれているものは何かを調べ尽くします。

 

3.要素を書き出す

調査結果で得られた要素、自社で必ず掲載したい要素など、記事作成の元となる要素をすべて書き出します。一つの記事の中に含めることのできる要素は限られるため、優先順位をつけ、整理していきましょう。

 

4.記事の作成(タイトル・見出し)

タイトル・大見出し・中見出し・小見出しなどでアウトラインを決め、記事構成を作成します。どの要素をどの位置に入れ込むのか、ユーザーの興味を引く流れを作れているのかを確認していきましょう。

 

5.執筆

構成に従って本文作成を行います。

 

6.推敲・構成

作成後、全体を通して推敲と校正を行います。誤字・脱字や表記のゆれを修正し、内容を精査していきます。

 

サイトコンテンツ全体との調和、統一性、企業としての記事作成の目的との一致についても、十分に確認します。ユーザーのニーズを満たし、企業が目指す最終的なゴールに寄与する記事となっているのか、客観的に評価していきましょう。

 

記事の内容の種類

インターネット上のサイトには、さまざまな種類の記事が掲載されています。記事作成の参考になる、主な種類を紹介しましょう。

・トレンド(流行)系

流行のテーマや話題に関する記事です。特に、企業サイトではビジネストレンド、ビジネスに影響を及ぼしそうな社会的な動きをタイムリーに拾い上げる必要があります。

 

・howto(ハウツー)系

主に何かのやり方・手順などを書いた記事です。企業の場合には、自社製品の扱い方、応用方法などに言及する場合もあります。

 

・ニュース系

トレンド系と同様に、時事ネタ的な内容を取り上げる記事です。企業サイトでは、主に法令の改正や業界のルール変更など、自社業務に関連するニュースの解説記事を掲載します。

 

・コラム記事

コラムとは、「評論文」「囲み記事」を指します。事実やある出来事について、執筆者が自身の考え方や見識を交えて書くのが一般的です。単なる思い付きではなく、論理性と根拠に基づいて作成することが大切です。

 

・セールスライティング系

読み手に対して、商品やサービスの訴求効果を与えるための記事です。購買意欲を高め、行動につながることを意識して作成していきます。

 

・専門系

士業や、各分野の専門家などによる記事です。企業では自社の技術的な内容を紹介する記事が多いようです。

 

執筆時のポイント

 

記事作成における書き方と、内容のそれぞれの注意点やポイントを解説します。

 

書き方について

文章の書き方については、読者にわかりやすい文章を意識しましょう。たとえ難しい内容の場合でも、専門用語の羅列にする必要はありません。サイトという開かれた媒体である以上、誰にでも理解しやすいことが大切です。なるべくかみ砕いた表現を心がけ、なじみのない専門用語には注釈や解説をつけるなどの工夫をしていきます。

 

表現については、「ですます調」「である調」「フレンドリー」など、ターゲットに合わせた体裁を選びましょう。また、以下のように文章を読みやすくする手法もあります。

・「5W1H」を意識した構成にする

・起承転結で進行させる

・結論を先に持ってくるなど

他サイトの記事も参考にして、研究してみてください。また、一文を短くすることで文章にリズムが付き、読み進めるのが楽に感じられます。ただ句読点の付けすぎずは逆効果になるので留意しましょう。

 

内容について

記事作成では、企画段階で良し悪しの多くが決まってしまうため、企画をしっかりと作り込むことが良い記事を作成する決め手となります。サイト記事は、ユーザーの興味が薄れるとすぐに離脱されてしまいかねません。「面白い」「興味深い」「役に立つ」といった点をしっかりと意識して、作成していきましょう。

 

社会的なトレンドや話題のテーマでは、どうしても他社と内容がかぶってしまいます。そのため、以下のような差別化を図っていきましょう。

・構成を変える

・よりわかりやすく読みやすい内容を考える

・自社独自の情報を入れる

オリジナリティが感じられるサイトには、リピーターが付きやすく、企業のファンとなることも期待できます。せっかくサイトを訪問してくれたユーザーに対して、「内容が薄く時間のムダだった」と感じさせるのは絶対に避けなければなりません。

 

読者に満足感が与えられることを目標に、量より質を重視して中身の濃い記事を目指します。記事作成のルールをしっかりと守り、著作権侵害などトラブルが発生しないよう注意してください。引用する場合には信頼性の高い情報元を使い、根拠を示すようにします。

 

まとめ

企業サイトはインターネット上のプロフィールです。またサイト記事は、企業のあり方を伝える役割を担っています。記事内容の良し悪しが企業の印象や事業利益に影響を及ぼすことも多々あるでしょう。ユーザーが読んで納得する記事にするためには、内容を精査し読まれるためのポイントを押さえて作成することが必要です。

 

株式会社北斗社では、BtoB企業販促コンテンツ・企画サービスを提供しています。20年以上の制作実績をもとに、さまざまな業界に合わせたコンテンツの作成をサポートします。お客様のご要望をじっくりとヒアリングし、価値の高い記事作成を実現していきます。自社サイトの記事作成にお悩みの場合には、「ContentsStock」サービスをぜひご活用ください。

 

お問い合わせはこちらから